メール配信を自分でしなくてもいいって本当?

まとめて配信してくれるサービス

ネットビジネスにおいて販促活動を行う時に用いられるのがSNSです。ページを訪れるお客さんに見てもらうことができますが、直接アプローチするわけではないので他のサービスと併用するのが基本となっています。例えばメール配信サービスは顧客に対して直接アプローチできるため、イベントや新商品の案内を行い購入してくれる可能性が高いと言えるでしょう。
基本的にメールを送信する場合アドレスを入力して送信ボタンを押すため、作業が結構大変です。手っ取り早くメールを一斉配信したい時は代行サービスを使うのが現実的となっています。数万件以上のメールを一斉に送ることができる、ブロックされて届かないと行ったデメリットも回避可能です。
専門のノウハウを持っている会社だから出来るサービスなので検討してみましょう。

マーケティング機能も付加する

ただ単にメールの配信業務が楽になるだけでなく、メール代行サービスを使うとマーケティング機能も使うことができます。セグメント配信機能は会員や特定の層に絞りメールを送信するサービスです。会員限定のキャンペーンやクーポンを配布する時に使えるでしょう。
レコメンドメールは行動履歴や購買履歴からお客さんに合った商品をアプローチするものです。趣向を分析して行うので購入してくれる確率も高くなるのがメリットとなっています。
お客さんが商品をカートに入れても、時間経過により商品がカートから自動的に離脱してしまうと買い物を諦めてしまう可能性も高いです。カゴ落ちカートを使うとカートにある商品を知らせてくれるので購入意欲を高めることができます。
これらのメールを自分で配信する場合膨大な労力がかかるのでメール代行サービスを使うメリットは高いです。

メール配信APIを経由させることによって、メール配信のミスが起こりづらくなります。また、メール配信にかける時間も短くなります。