今や、メールを送るのはアナタではない!

代行サービスに依頼しよう

メール配信は販促を行ったり顧客維持をしたりする手段として有効であり、現在ではeメールを使用した簡便で効率的な方法が活用されています。メール配信が行われ始めた当初はユーザー数があまり多くはなくて手作業で社員がメールを送信するのにもそれほど手間はかかりませんでした。しかし、メールを使える顧客が増加し、DMとしても郵送よりも頻繁に使用されるようになったことから、社員の業務としては大きな負担になってきています。その負担を軽減できるサービスとしてメール配信の代行サービスが行われるようになってきました。業者に送信を依頼するだけで大量のメール送信を行ってもらえるので簡便な方法として着目されているのが現状です。

業務効率化でコスト削減

メール配信を代行してもらうのは個人の業務をただ軽減するだけでなく、コストも削減することにつながります。あまりメール配信に慣れていない人が作業を行うと効率がわるいのは明らかでしょう。それに加えて送信の際には社内のサーバーに大きな負担がかかってしまい、他の業務にも支障を与えるリスクがあります。メール配信を社員がやっているために全体の業務効率を低下させてしまっている可能性があるのです。それを外部委託して全て行ってもらうことにより、生産性が向上してトータルで見るとコスト削減になることがあります。特にサービスの競争が起こっていることで低価格化が進んでいるため、利用する会社にとってはメリットが大きくなっているのです。