正確なアドレスを伝えないと大変なことに…

アドレスを間違えると??

メールアドレスを他人に伝えることはよくありますよね。連絡先の交換のため、会員登録のため、またプリクラなどを取得するためにも用いられます。その時に間違えたアドレスを伝える・入力してしまうとどうなるでしょうか?
間違えたメールアドレスを誰も取得していなければ大丈夫です。送った方にメールが返ってきます。
しかし、そのメールアドレスを誰かが取得していたらどうでしょうか?その人が良い人であれば間違えていることが伝わるでしょう。しかし、悪い人もいるものです。本人になりすまして個人情報を次々と知られてしまうことだってあります。
また、プリクラの取得で使用するアドレスを間違えた場合、顔写真を送ったものと同然です。悪用されることもあるでしょう。

アドレスを間違えないためには

アドレスを間違えると多くの危険があります。それを回避するにはどうすれば良いでしょうか。
まず、何度も確認することが大切です。普通のことのように思えますがこれが一番の対策です。
また、ネットでする会員登録などの場合、絶対に合っていると分かっているところから自分のアドレスをコピー&ペーストするのも良いです。しかしこの方法で注意したいのはコピーするアドレスが絶対に合っているかということ。ここが間違っていれば確実に間違ったアドレスを伝えてしまいます。
どうしても間違えるようであればメールアドレスの変更をお勧めします。あまり簡単なものでは迷惑メール等が来ると大変なので、そこは注意をして自分の覚えやすいアドレスに変えることも一つの手です。